コンテンツ
アクセスカウンタ
今日 : 4040
昨日 : 6363
総計 : 355040355040355040355040355040355040
過去のなんだかんだ

2008年6月19日(木曜日)

環境総合展2008

カテゴリー:
    - takisan @ 19時42分08秒

    200806191917000.jpg200806190959000.jpg200806191041002.jpg200806191037000.jpg200806191025000.jpg200806191011001.jpg200806191016001.jpg
    北海道洞爺湖サミット記念・環境総合展2008が今日開催(〜21日(土)迄)、オープニングセレモニーに出席、その後室蘭関係のブースを見学。

     最先端の環境技術や製品など、室蘭の優れた技術の展示に「環境産業都市室蘭」を改めて実感。
     私は、「新日本製鐵」「日本製鋼所」「新日本石油」「室蘭テクノセンター」「水素社会実行委員会」「室蘭工大」「葵興産」「楢崎製作所」「六鉱開発」「北海道マイヒックス」を見学した。


    2008年6月10日(火曜日)

    室蘭まちづくり放送(株)

    カテゴリー:
      - takisan @ 21時31分37秒

      200806102125000.jpg200806101941000.jpg
      ●室蘭まちづくり放送(株)第1期株主懇談会が開催された。2001年から地域の若者達が「地域FM放送局」を開設しようとの思いで活動してきた。 
      最大の課題である資金の調達も、資本金10,300千円、資金も約26,000千円を確保しスタジオの完成、沼田社長他5名の社員で5月27日北海道総合通信局に申請書提出。
       
      6月末には予備免許が交付され、8月初め開局予定。現在「番組内容の検討、スポンサー・CM集め、さらなる運営資金の確保」など、おもしろく役に立つ地域の放送をめざして活動フル回転。
       
       私は「市民に信頼され愛され、生活に役に立つ放送局。とにかくFMびゅ〜に対するご支援を」と乾杯の発声。


      2008年6月7日(土曜日)

      パークゴルフ表彰・PCB処理施設・太鼓後援会・室蘭ソーイング

      カテゴリー:
        - takisan @ 12時11分42秒

        ●パークゴルフの結果。男性の部、☆優勝加茂信男、準優勝日向正俊(敬称略)女性の部、☆優勝辻元 照、準優勝佐竹 梢(敬称略)

        ●6日、北海道PCB廃棄物処理施設の開業式が行われた。室蘭に立地の決定から6年間、処理については北海道分だけでなく、15県分も扱う。
         これまで配管の溶接不具合や試運転中の油漏れなど計画より半年遅れとなり市民の信頼が揺るぐ。
         安全・安心の処理を強く求める。

        ●6日、室蘭登別太鼓連盟後援会(私も役員)が所期の目的を達成しその活動に終止符を打った。
         平成10年、白鳥大橋開通記念イベントとして「白鳥大橋千人太鼓(ギネスブック登録)」の演奏を通じ後援会がスタート。
         これまでも、道内最大級の太鼓「神(カムイ)」を室蘭市購入の実現への協力、「ひびきの郷(さと)」推進のため、ジュニアの育成、大太鼓一本打ち、各種大会への助成などに取り組んできた。
         室蘭登別太鼓連盟が中心となり、サミット前日(7月6日)全道各地の太鼓打ちと「北響祭08」でサミットを歓迎するイベントについて後援。

        ●縫製業の「室蘭ソーイング」(創業者山川茂会長、中西幸彦社長)が創業20周年を迎えた。現在、社員120名(その大半は地元。中国研修生22人)紳士服のジャケットを中心生産。
         今日まで、女性の地元雇用に大きく寄与し、日中友好の架け橋として貢献してきた。
         私は「絶えず新しい物に挑戦する山川会長に敬意を表し、20年を大きなステップにますますの発展をお祈りします」と杯を上げた。

         
         


        白鳥会

        カテゴリー:
          - takisan @ 10時12分44秒

          200806061848000.jpg
          ●室蘭中学・室蘭栄高校・室蘭栄高校定時制卒業の同窓会「白鳥会」総会が開催された。
           長年にわたり同窓会関係の編集委員、さらには同窓会活動にご努力いただいた藤井、高尾、古谷、今井大先輩に対し感謝状が贈られた。
           とりわけ、藤井、高尾先輩は小学・中学・大学と一緒で勤務も同じ室蘭市役所。さらに、私の市役所時代の上司であり数々のご指導を頂いた。お二人とも89歳で大変お元気で、私に対し「若いのだから頑張れ」と激励を受けた。
           昨年90周年を迎え会長として記念事業を成功させた西里会長から、30期(昭和55年卒業)の千葉会長に交代。100周年事業のため若返りを図った。
          ●先日、室蘭栄高校定時制の存続に向け、教育振興会常川会長、同窓会松本会長、沼田副会長と共に、菅野胆振教育局長に陳情。
           このたび示された定時制高校の再編基準では「1年生が10人未満で2年連続」すると存続が危ぶまれる。
           常川会長から「勤労学生、不登校、全日制からの子どもの受け皿。さらには中高年の入学など多種多様である。胆振西学区唯一の定時制高校を、人数だけで存亡を決めてはならない」と訴えた。


          2008年6月6日(金曜日)

          パークゴルフ大会

          カテゴリー:
            - takisan @ 07時31分30秒

            200806050824001.jpg200806050813000.jpg200806051035000.jpg
            ●昨日、連合後援会主催「北のみらい杯」パークゴルフ大会を花の丘パークゴルフ場で230名の参加で盛大に開催。36ホールのストロークプレイで熱い戦いが繰り広げられた。私は「今年こそ(?)」と参加を予定していたが「洞爺湖サミット地域住民懇話会」出席のため競技は不参加。結果については後日報告。

            ●洞爺湖町役場で「洞爺湖サミット地域住民懇話会」が開催。道警、海上保安部も同席いただき「交通規制」「海上警備」などについて意見交換が行われた。
             .Εぅ鵐供璽曠謄襪剖瓩す馥撮横械姐羸の継続的交通規制について
             定期路線バス、スクールバスの運行について
             3ぞ綛匚圓竜制について
            など活発な意見交換が行われた。いよいよ一ヶ月後に迫った「北海道洞爺湖サミット」成功のため参加者全員が決意を新たにした懇話会と感じた。


            2008年6月1日(日曜日)

            週末アラカルト

            カテゴリー:
              - takisan @ 13時22分13秒

              200806011022001.jpg200806011023000.jpg200806011025000.jpg200806011053001.jpg

              ◎6月1日〜7日の水道週間で「第6回むろらんくらしの水フェア」が開催された。室蘭市の水道水は室蘭岳と支笏洞爺国立公園内のオロフレ山系を集水流域とし、チマイベツ川・ペトトル川・登別川の表流水が水源。
               室蘭市の水道水は水温が低く適度にミネラル分を含んだ軟水で、旧厚生省の「おいしい水研究会」が提唱した「おいしい水の要件」を満たしている。
               蛇口を開けば、いつでも何処でも綺麗でおいしい水が飲める。「水道水は安全」の信頼にこたえるため、水道部並びに関係各位の日夜のご努力に敬意と感謝を申し上げたい。
               いま水は気候変動により様々な課題を抱えており「台風の大型化、頻発する渇水、世界中で安全な水が飲めない人々の増加」などに直面している。今こそ、みんなで身近な「水」をシッカリと考えたい。

              ◎白鳥台北公園で恒例の「桜祭り」が開催(雨のため準備委員は大変なご苦労)。白鳥大橋が開通して今年が10周年、開通を記念して桜のオーナーを募集し植樹。   写真は私が植えた桜。八重桜でまだ少し花が残っており、10年を迎え感慨も新た。

              ◎「桜祭り」に合わせ「白鳥台後援会の観桜会」を開催(雨のため急遽白鳥台サービスセンターに変更)80数名が参加、大変な盛り上がり(花より団子?)で絆と連帯を深めた。
               私は「後期高齢者医療制度など高齢者・弱い立場の人に厳しい実態。政権交代の必要性。サミットにおける北海道の役割」などをお話しさせていただいた


              33 queries. 0.052 sec.
              Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

              Copyright c 滝口信喜後援会 All Rights Reserved