コンテンツ
アクセスカウンタ
今日 : 8888
昨日 : 163163163
総計 : 352528352528352528352528352528352528
過去のなんだかんだ

2008年11月22日(土曜日)

リレー・フォー・ライフ(感動2008)

カテゴリー:
    - takisan @ 09時49分55秒

    200808301159000.jpg200808301200001.jpg200808301150000.jpg
    ◎8月30〜31日室蘭市祝津臨海公園で「リレー・フォー・ライフ北海道2008イン室蘭」〜がんに負けない命の一歩〜が開催された。
    ▲「リレー・フォー・ライフ」とは、1985年アメリカ・ワシントン州シアトル郊外で、アメリカ対がん協会の医師が始めたイベント。24時間歩き続ける中で、参加者の間にがんと闘う連帯感が生まれた。現在では全米4,000カ所、世界19カ国で行われ、北海道では初めての開催。
    ●前日の雨も止み、全道・全国から患者・家族・支援者や地元市民が参加。会場に設けられた1周200数十辰離肇薀奪をチームが24時間歩き続け、「連帯・交流・希望」を誓い合った。
    夜には、がんで亡くなった人を偲ぶと共に、現在がんと闘っている患者を励ますルミナリエ(2,000個のキャンドルで「HOPE」の文字を照らす)が行われた。
    ●男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんに罹る昨今「がんを知り、がんと向き合い、がんに負けない」社会の実現をめざす決意を固めたイベントであった。


    2008年11月20日(木曜日)

    道政懇話会

    カテゴリー:
      - takisan @ 12時32分42秒

      200811181006000.jpg200811181200000.jpg
      ●11月18日白老町で民主党道民連合主催「胆振地区道政懇話会」を開催、団長として出席。午前は岩倉苫小牧市長をはじめ東胆振の自治体、午後は小笠原登別市長など西胆振の自治体の皆様と|楼莵埓における道の果たす役割地域における医療確保C楼莢歛蠅覆鼻△気蕕法崢螻杁詆婉癲廚紡个垢訛弍について論議を重ねた。
      ●意見交換では「支庁再編については拙速であり、丁寧さに欠けている。支庁の境界を超えた政策についての取り組みも必要」「ウタリ対策はスピード感を持って対応すべき。権限移譲に伴う道職員の派遣について」「消防の広域化・デジタル化に対する国の財政支援。燃油対策・飼料対策。介護報酬の引き上げで職員の待遇改善」「医師・医療スタッフの確保の困難性。登別厚生年金病院の存続」「ポストサミットの取り組み。ジオパーク構想の取り組み」など、
      「定額給付金」については▲経済対策なのか生活対策か不明▲所得制限はしない(市長会・町村会で方向性を出すべき)▲経済効果は「ない・少ない」(あるとの声有り)
      ◎団長として「道州制・支庁制度・市町村合併の取り組みは三位一体で取り組むべき。医師・医療スタッフ確保については道・市町村の限界を超えている(国の対策を求める)。消防の広域化・デジタル化についても国の財政的支援を求める。」とコメントさせていただいた。


      2008年11月5日(水曜日)

      文化祭

      カテゴリー:
        - takisan @ 13時44分34秒

        200811031204000.jpg200811031250000.jpg200811031256000.jpg200811031336000.jpg200811031349000.jpg200811031411000.jpg
        11月3日、御崎町会、楽山ヶ丘自治会、港北中央町会、本輪西町会、すずかけニュウータウン町会の文化祭を見学。町民皆様のすばらしい作品に感激しました。
        ●第三回定例道議会報告、予算委員会質疑を「道議会報告」にUPしました。


        21 queries. 0.036 sec.
        Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

        Copyright c 滝口信喜後援会 All Rights Reserved