コンテンツ
アクセスカウンタ
今日 : 5353
昨日 : 118118118
総計 : 359225359225359225359225359225359225
過去のなんだかんだ

2011年5月28日(土曜日)

東日本大震災に伴う現地調査

カテゴリー: - takisan @ 09時11分25秒

◎達増岩手県知事と、心のケアとしての登別・洞爺湖温泉での被災者受け入れ等についての意見交換を行いました。
※岩手県庁と道との間で協議中


◎宮城県亘理斉藤町長と、被災した仙台イチゴ農家を伊達市で受け入れることについて意見交換しました。




※現在伊達市では、亘理町のイチゴ農家を受け入れるための構想策定中。
海岸線の農家が壊滅的な被害を受け、廃業を決める一方営農継続を希望する農家も多く、近く希望する農家が伊達市を訪れる予定(室蘭民報より)

◎亘理町の被災状況を調査しました。
亘理町が1年に処理するゴミの100倍ある瓦礫



被災してから2カ月たち、だいぶ片付いたとはいえ、まだまだ凄まじい光景でした。


東日本大震災に伴う現地調査

カテゴリー: - takisan @ 09時10分23秒

5月10日〜12日まで、岩手県滝沢村・岩手県庁・宮城県亘理町へ現地調査に行ってきました。

◎伊達市にある蝪腺庁与梁室卍垢、大型テントを岩手県に無償提供し、滝沢村にある岩手産業文化センターアピオの駐車場で設置作業をしていたので、設置状況の調査と激励に伺いました。
このテントは、国の大型公共事業で採用されている全天候型足場用のテントで、今回は救援物資保管のために使用されます。
ADM社の社員2名と現地の作業員10名で組み立て作業をしていました。




◎その後、岩手県庁にて保健福祉部長から被災状況の説明を受けました。
県保健福祉部の対策としては、
1、医療提供体制、こころのケア
これまでも北海道からの支援をいただいているが、今後ともよろしくお願いしたい。
2、避難所への支援
仮設トイレの増設当生活環境の整備や在宅避難者への支援
3、応急仮設住宅の整備
ケア付や集会所は整備までに長期かかる。整備後の生活相談支援体制の確立
4、障がい者、要保護児童等への対応
障がい者相談支援センター設置(陸前高田市、大槌町、山田町)。
市町村等と連携してのこころのケアや避難所の巡回
5、福祉サービス提供体制の整備
等行っているとのこと説明を受けました。


2011年5月9日(月曜日)

測量山桜ロード

カテゴリー: - takisan @ 06時38分45秒



8日、「室蘭測量山桜ロード実行委員会」が活動10周年を迎え、記念植樹が行われた。平成13年から、道道祝津西小路中央線(市民の散歩コースとして人気がある)沿いと女測量山の一角に、市民から植樹の参加者を募り350本のソメイヨシノなどを植えてきた。
 このたび、財団法人日本さくらの会から功労賞を受賞、私も記念植樹に参加した。
 参加者は「これからも愛される測量山にしていきたい」と10周年の喜びを分かち合った。


2011年5月2日(月曜日)

第29期、活動始まる

カテゴリー: - takisan @ 16時01分19秒

民主党道民連合37名の議員で会派構成が行われ、第29期がスタートした。臨時道議会は13〜19日の日程で議会構成が主な案件。
 選挙後、東日本大震災における水産被害、並びに登別・洞爺湖・白老の観光客減の対策のため関係首長・室蘭、いぶり噴火湾漁協組合長とともに中央要請行動を行った。
 北海道として「道民を守り、北海道から発信する災害支援対策」が喫緊の課題であり実現のため努力する決意。
/楊燭鮗蕕襪燭瓠∈匈欧剖い北海道づくりをすすめ、危機管理を強化する。
∨務て擦慮胸厠亘漂匏弉茲鯣緩榲に見直す。
食料・水・土地が豊富な北海道は、「救急支援」「大規模避難」「首都機能代替」「食料・石油備蓄」が可能。国家プロジェクトとして「災害支援センター」設置を提案する。


17 queries. 0.040 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Copyright c 滝口信喜後援会 All Rights Reserved