コンテンツ
アクセスカウンタ
今日 : 8888
昨日 : 163163163
総計 : 352528352528352528352528352528352528
過去のなんだかんだ

2011年7月26日(火曜日)

期成会要望活動

カテゴリー: - takisan @ 15時01分56秒

7月12日(火)に、室蘭地方総合開発期成会の要望活動を行いました。

国土交通省では小泉俊明大臣政務官及び三井辨雄副大臣に以下のことを要望しました。
●白鳥新道2期区間の整備
●一般国道37号(洞爺湖町・豊浦町地区)整備促進
●一般国道453号整備

農林水産省では吉田公一大臣政務官に以下のことを要望しました。
●登別漁港整備促進
●東日本大震災津波被害緊急要望として
 ・ホタテ養殖施設の復旧
 ・被災者受入事業(いちご生産施設等整備)

その他、洞爺・登別の観光客対策についても要望しました。


2011年7月15日(金曜日)

第2回定例道議会

カテゴリー: - takisan @ 13時52分39秒

東日本大震災や、東電福島原発での事故を踏まえた対策が焦点となった。大規模地震や津波への備え、北電泊原発や津軽海峡をはさんだ電源開発大間原発を抱える北海道としての原子力発電への対応、エネルギー政策の転換などが論議された。
詳細は道議会報告を参照してください。


第2回北海道議会定例会

カテゴリー: - takisan @ 13時01分39秒

7/7日に行われた総務委員会の質問答弁の要旨です。

質 問 要 旨 答弁 要 旨
道の防災計画を見直すための「地震・津波災害対策推進本部」の推進体制について トップに副知事、構成員は関係部長及びすべての振興局長とし、全庁をあげて取り組む。
原子力災害に対する取り組みについて 原子力防災対策の進め方は、国の指針に基づいた実施すべき事項(EPZやオフサイトセンター等)や有識者専門委員会における課題の抽出結果を踏まえて、検討する。
ハザードマップ策定のための市町村への国による財政支援について 技術的支援は道が行うが、財政支援については、市町村と協議し検討する。
毎年10月に行われる原子力防災訓練の今後のあり方について これまでは、泊り発電所を中心に2〜3劼鯣鯑餠莪茲箸垢觧故想定に基づき、緊急時モニタリング訓練や退避等訓練などの訓練を行ってきた。今年度は、福島第一原発事故を踏まえ、オフサイトセンターが使用できない・広域避難等を想定し、訓練内容を検討する。

2011年7月4日(月曜日)

第68回市民サイクリング

カテゴリー: - takisan @ 10時16分09秒

私が会長を務めている室蘭サイクリング協会の第68回市民サイクリングが3日に行われ、室蘭市宮の森町から登別鉱山町の往復36キロを参加者が快走した。

私は、「昨今、自転車のよさが再認識され、首都圏でも節電と相まって通勤通学等愛好者が増えている。来年の9月2日、第50回の全道サイクリング大会を洞爺湖で開催しますので、ぜひご支援とご協力をお願い致したい。今日1日、安全走行で楽しい1日を過ごしてください」と挨拶した。

写真は下記のHPをご覧ください
室蘭サイクリング協会


17 queries. 0.042 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Copyright c 滝口信喜後援会 All Rights Reserved